ソフトテニスのバックハンドの素振りの基本とコツを詳しく紹介しています。

ソフトテニスのバックハンドのお勧めの練習法

ソフトテニス上達革命【文大杉並高校ソフトテニス部監督野口英一 指導・監修】DVD3枚組の評判・トップイメージ

ソフトテニスのバックハンドの練習として、1人でも出来てとてもお手軽な方法は、バッティングセンターに行って左打ちの練習をするのがオススメです。

具体的に、ソフトテニスのバックハンドの素振りの練習方法をご案内していきます。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

45度位のクローズドスタンス

ソフトテニスのバックハンドでは、足はクローズドスタンスになります。

フォアハンドの時には、ボールが来る方向に対して平行なスタンスになります。

しかし、バックハンドで少しクローズスタンスにして、体が斜めになるようにします。

ボールが来る方向に対して45°位の形が理想的です。

スタンスがボールに対して平行になってしまうと、体が開きスライス気味でボールを打つことが多くなります。

体が開いく事で、ボールを横に回転させるようなフォームとなり、スライス気味の球筋になってしまいます。

ボールが来る方向に対して45度位のクローズドスタンスで入るように意識します。

体の中心はプラさないように注意して、腰の回転を上手に利用するスイングをする事がとても大切です。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

バックハンドの打点はフォアハンドより前

ソフトテニスのバックハンドの打点は、フォアよりもラケット半分位体の前になります。

バックハンドでは右肩が頭よりも前になりますので、その分打点が前になってしまいます。

バックハンドではフォアと比較するとボールとの距離は遠くなります。

この点は意識して、素振りをするときに、スタンス、打点を考えて練習する必要があります。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

理想のフォームでベストな打点でヒット出来るように素振りを繰り返し練習

ソフトテニスのバックハンドでは、素振りの練習をしながら自分が打ちやすい打点を見つけるようにする必要があります。

後は、いつもベストな打点で打つ事を心がけていきます。

最初のうちは、理想のフォームでベストな打点でヒット出来るように素振りを繰り返します。

そして、フォームが固まったら実際のボールを打つ練習の時には、フットワークを強化して、自分のベストな打点で打てるように自分自身が素速く移動出来るようにします。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

スイングは下から上を意識する

ソフトテニスのバックハンドでは、スイングは下から上にラケットを振るように意識しましょう。

テイクバックの位置は左ポケットの前にします。

そして、フォロースルーの最後は頭の上に抜けていくというように下から上へラケットを振るように意識する事が大切です。

ラケットを下から上に振りぬき、ラケットを立てるようにする事で、最適なスピンがボールにかかり、ストロークも安定していきます。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

Page
Top
更新:09/11 07:05