ソフトテニスのサーブ(サービス)の素振りの基本とコツを詳しく紹介しています。

サーブのグリップはイースタン

ソフトテニス上達革命【文大杉並高校ソフトテニス部監督野口英一 指導・監修】DVD3枚組の評判・トップイメージ

ソフトテニスのサーブの基本は「フラットサーブ」です。

まず、フラットサーブをシッカリと自分のものにします。

フラットサーブを打ちやすいグリップは、「イースタングリップ」です。

イースタングリップの握り方は、右利きの方を例に説明する次のようになります。

ラケットを左手で地面に対して垂直に持ち、右手をラケット面に当てます。

そのまま右手はグリップの位置まで動かして軽く握るようにします。

手のひらとラケットの面の向きが同じになるためとても打ちやすいグリップになります。

自分の手のひらの先にラケットの面がある感覚になりますので、初心者の方にまずマスターして欲しいグリップになります。

また、サーブにイースタングリップがオススメ出来るポイントとしては、

  • 一番高いポイントでボールをヒットする事が出来る
  • 腕と体全体のひねりを一番効率的に活用していく事が出来る
  • ボールに回転を上手にかける事が出来る

このような長所がありますので、サーブはイースタングリップの形でマスターして下さい。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

トスはとても大切

いいサーブを放つためには、「トス」はとても大切です。

トスで注意しておくべき点は次の3点になります。

①ボールは優しく握る

ボールは4本の指先に載せるだけで十分です。

ソフトテニスのボールはやさしく載せてトスを上げていくように注意します。

②ボールを手から離すのは目の高さ

トスは、ボールを目の高さで手から離れるようにします。

そのまま真上にボールを上げるように意識します。

③トスの高さは自分が一番良いと思う高さにする

トスのボールの高さは身長の2倍くらいにするというのが一つの目安です。

トスのボールが低過ぎるとサーブの動作全体に余裕がなくなります。

一方、トスのボールが高過ぎるとタイミングを取るのが難しくなります。

トスは体全体を使うようにして、肘や手首だけでトスを上げないように意識していきます。

両腕のバランスを上手にとりながら、体全体を柔らかく動かします。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

体全体を柔らかく使う

サーブする場合、トスを上げてからボールをヒットするまでの間に一回ピタッと動きを止める瞬間をもつようにします。

これは、いわゆる「タメ」と呼ばれるものです。

このとき体全体を柔らかく使い、ひざも力を抜いて軽く曲げるような動きを加えます。

この時にエネルギーは貯められて、伸び上がるときに一気に力を集中して出すようにします。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

ボールをトスで離した後手を上手に使う

ボールをトスする利き腕でない左腕(右利きの場合)の使い方も意識することが大切です。

まず、トスでボールを手から離した後は、そのまま手を上にあげます。

真っすぐに上にあげたら、その体制を維持します。

同時に、ひざを柔らかく使い、軽く曲げる動作も加えます。

その後、トスした左腕は一気に下ろしていきます。

この時に、体が開き過ぎないように注意します。

左腕が下げながら、反対の右腕を上げる動作がスムーズに出来るようにします。

右手の動きが早くなり、スイング自体もとても上手くなります。

詳細はコチラ  ソフトテニス上達革命

Page
Top
更新:12/12 07:30